ドッグフード

ドッグフード天国【おすすめドッグフード通販ランキング】

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード » 選び方 » 

ドッグフードは高タンパク質がおすすめ|犬は肉食よりの雑食

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ドッグフードはたくさんの種類があります。

ほとんどのドッグフードには肉が使われています。

肉と言っても牛や豚、鶏などがありますができるだけ高タンパク質のドッグフードを選びましょう。

犬の食生活とは?

狼犬の祖先はオオカミです。

今でも、オオカミと犬は身体の作りがほとんど変わっていないと言われています。

 

オオカミは主に動物を狩って食べていました。

犬が肉食と言われるのは祖先のオオカミの食生活が完全な肉食であったからです。

 

オオカミが人間と生活を共にするようになってからは、肉以外の物も少しは食べられるようになってきました。

犬は肉食だけど雑食と言われるのはそのためです。

犬=肉食動物の身体の仕組み

肉食動物の特徴的なのは腸の長さです。

草食動物の腸の長さの平均が約40mに比べ、犬を含む肉食動物の腸の長さの平均は約5.7mとかなり短めです。

 

これは食べた肉を長く体内に留めておくと腐敗の危険があるため、素早く消化吸収出来るよう短いのだと言われています。
反対に草食動物は穀物をじっくりと消化していく傾向にあるため腸は長めです。

犬が穀物類の消化が苦手なのも、こういった身体の仕組みから成る理由なのです。

タンパク質は犬に必要な栄養素

犬にとって最も重要な栄養素がタンパク質です。

犬はタンパク質が人間の14倍もの量が必要とされています。

 

犬は人間と違いほぼ全身に筋肉がついているので、良質な筋肉を作るために良質な大量のタンパク質が不可欠なのです。

ちなみにタンパク質が不足すると筋肉ではなく脂肪がつきます。

また、血や骨、皮膚や毛皮を形成するにもタンパク質が必要です。

タンパク質は体内に入ると、臓器→血液、骨、筋肉→皮膚→外皮(毛皮)という順番で吸収され使われていきます。

タンパク質が足りないとすぐに毛艶や皮膚炎として表に出てくるので、注意して見ていればタンパク質不足は早期発見出来ます。

高タンパク質のドッグフードを選ぼう

高蛋白質

タンパク質は、動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類があります。

 

動物性タンパク質
肉、魚、卵、乳製品など

 

植物性タンパク質
米、大豆、小麦など

 

犬は肉食の雑食ですから効率よく栄養を吸収出来る動物性タンパク質が適しています。
つまり、植物性タンパク質素材で作られたドッグフードより動物性タンパク質素材で作られたドッグフードの方が合っている。

 

ドッグフードの原材料をチェックする際、一番最初に動物性タンパク質となる肉が記載されている「高タンパクのドッグフード」を選んであげましょう。

愛犬の健康のために飼い主が出来ることです!

  選び方 

ドッグフードの選び方|安全で栄養の高いドッグフード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

犬との暮らしを始めるにあたり、一番気になるのは食事でしょう。

 

ドッグフードは本当に種類がたくさんあります。

ドッグフードの選び方をしっかり学んで愛犬の身体に合うお気に入りのドッグフードを見つけ、健康な身体作りを目指しましょう!

 

ドッグフードを選ぶ基準と順番です。

①犬のサイズや犬種
②犬の年齢(ライフステージ)
③犬の現在の状況(アレルギー有無、妊娠中、授乳中、去勢済み、避妊済み、療養中、病み上がりなど)

犬のサイズと犬種を調べよう

犬種と年齢を調べる犬は猫と違って大型犬から小型犬と身体の大きさが様々です。

犬種=サイズといった見方で問題ありません。

 

ドッグフードメーカーは、ドッグフードを与える適正量を体重で分けて記載していることが多く、犬のサイズは体重で分類されることがほとんどです。

 

  • 超小型犬(〜3キロ)
  • 小型犬(4〜12キロ)
  • 中型犬(12〜25キロ)
  • 大型犬(25〜40キロ)
  • 超大型犬(40キロ〜)

 

身体の大きさが違えば必要なカロリーや栄養素が若干変わってきます。

また、長毛種だと見た目で大型犬、と感覚で決めてしまいがちです。

きちんと体重を把握しておきましょう。

犬の年齢を知ろう

犬の年齢(ライフステージ)は大きく分けて3段階です。

ドッグフードはそれぞれの時期に必要な栄養バランスで配合して作られています。

 

  • 幼犬(〜6ヶ月)
  • 成犬(6ヶ月〜6歳)
  • 老犬(6、7歳〜)

 

幼犬時期は基礎代謝が上がり続けエネルギーをたくさん使うので高カロリーです。
成犬時期は一番長い時期であり、タンパク質を中心にバランスのとれたカロリー配分になっています。
老犬時期は基礎代謝と共に運動量も下がるため低カロリーです。

犬の現在の状況を把握しよう

  • アレルギーの有無
  • 妊娠中、授乳中
  • 去勢済み、避妊手術済み
  • 療養中、病み上がり
  • ダイエット中

 

犬の状態を調べる犬も私たち人間と同じように身体の変化があります。

アレルギーのある子はアレルギーを発症しやすい食品が入っていないドッグフードを選びます。

穀物類は犬のアレルギーの代表的な原因の1つなのでグレインフリーのドッグフードを試してみるのもおすすめです。

添加物を疑う場合は無添加のドッグフードも試して下さい。

 

妊娠中や授乳中だと犬もホルモンバランスが乱れます。

また、栄養は母犬から仔犬に直接行くため無添加のドッグフードを選びたいですね。

変化する体調を整えるためのカルシウムとリンがバランス良く含まれた妊娠犬用のドッグフードを用意してあげましょう。

 

去勢や避妊をしていると、生殖機能がなくなる代わりに食べる量が増えると言います。

かといって量を減らすとストレスを感じる原因になります。

ヘルシーで腹持ちの良い 去勢、避妊済み用のドッグフードは安心して与えられるよう配慮されているので積極的に使いたいタイプのドッグフードです。

 

病後の療養中や治った直後は食事でのケアをしてあげましょう。

身体に負担をかけないオーガニックや無添加、優しい食材で作られたグレインフリーのドッグフードをふやかして与えるなど、食べやすい工夫もしてあげましょう。

 

犬は自分で食べる物を選べません。

しかし飼い主が愛犬のことをきちんと把握し最適な食事を用意出来れば、健康に長生き出来るのです。

 

正しい知識を待ってドッグフードを選んであげて下さいね。

  選び方 

ドライタイプと缶詰タイプどちらにする?缶詰タイプのメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ドッグフードは主にドライタイプとウェットタイプがあります。

 

ウェットタイプの代表的な物に缶詰めやレトルトパウチがありますが、ドライタイプとの違いや上手な使い分けを知っておけばいざという時に便利ですね。

ウェットタイプの缶詰めってどんな物?

ドッグフードの缶詰犬用に調理した食材を密封した缶容器に詰めたものが缶詰めタイプのドッグフードです。

 

ドライタイプのドッグフードと比べると水分を多く含むので食感や香りが良くドライタイプのドッグフードより食い付きが良いとされています。

商品単価が高いので、常用食というよりは嗜好食として与えることが多いようです。

 

ウェットタイプのドッグフードの与え方は、缶詰めから皿に移し普段の食べ慣れているドライタイプのドッグフードをトッピングすると見た目も安心感もプラス出来るのでおすすめです。

缶詰めタイプのメリット

缶詰タイプのドッグフード缶詰タイプのメリットは以下のようなものがあります。

 

  • 水分が多く柔らかいため消化しやすく幼犬や老犬、体調が悪い時でも食べやすい
  • 密封なので日持ちする
  • 密封なので持ち運びしやすい
  • 食材の本来の歯応えがある
  • 香りが良く食い付きが良い

 

水分が多く、普段あまり水を飲まない子やお腹を下しがちな子にも自然に水分を取らせることが出来ます。
日持ちするので愛犬の非常食として救急バッグに入れておくことが出来るので、是非入れておきましょう。

 

缶詰タイプのドッグフードは、食材の形や硬さを活かした物が多く、食材本来の味を愛犬に体験させてあげたい飼い主心を叶えてくれます。

 

ウェットタイプはドライタイプより食い付きが良い!

 

と言う飼い主が多いです。

缶詰めタイプのデメリット

缶詰ドッグフードのメリット缶詰タイプのドッグフードにはデメリットもあります。

 

  • 日持ちさせるために添加物が多く使われている物が多い
  • 脂肪分が多かったりと栄養バランスはドライタイプほどではない
  • 継続的に食べていると歯が弱くなる
  • 単価が高いためコストがかかる
  • 空き缶の処理が大変

 

缶詰めタイプの最大のデメリットが添加物の多さです。

 

密封缶とは言っても食品はどうしても劣化していきます。

それを抑えるため特に保存料が多く使われています。

添加物は犬には全く必要のないものですので少ないものを選びたいところです。

 

また、水分が多いので水に溶け出しやすいタンパク質などはドライタイプほど含まれていません。

その分、ウェットタイプのドッグフードには脂肪分が多めな物が多いです。

柔らかいので、継続的に缶詰めタイプのみ食べていると歯が鍛えられません。

これは困りますね。

 

一個一個別容器ですからドライタイプに比べると食事一回あたりのコストがどうしても高くなります。

 

そして地味に大変なのが空き缶の処理です。

夏はしっかり洗って乾かし、ゴミに出せる日まで置いておける場所が必要になります。

かしこく使い分けよう!

普段の食事はドライタイプのドッグフードを中心にし、体調が悪い時や留守番などのご褒美にはウェットタイプの缶詰めを、とシーン別に使い分ければメリハリがついて愛犬も喜びますね。

 

2種類のドッグフードをかしこく使い分けて、愛犬とのコミュニケーションに是非活かして下さいね。

  選び方 

オーガニックドッグフードのすすめ|安心して愛犬にエサを与えたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

私たち人間も健康的な生活のために「安全な食」を意識しています。

大切な愛犬にも同じように安全なドッグフードを、という考え方が増えています。

 

安全なドッグフード=オーガニックドッグフードが思いつきますが、オーガニックドッグフードとはどういった物なのでしょうか。

オーガニックって?

オーガニックオーガニックとは「有機」という意味です。

 

農薬や化学肥料など人工的なものに頼らず、太陽や水、土、そこに存在する微生物などの自然界の力で育てられた物、あるいはそれらを使用して作られた加工品のことを指します。

 

日本では登録認定機関が認めた農家で育てられた物のみオーガニックを名乗ることが出来るとされています。

認定されるには幾つもの厳しい条件をクリアする必要があります。

防腐剤や着色料、香料などの添加物も人工的なものですからこういった余計なものが入っていないのもオーガニックの特徴です。

オーガニックドッグフードがおすすめの訳

オーガニックは安全性が高い

オーガニックがおすすめの理由は、言うまでもなく「安全」です。

 

農薬などの化学薬品はどう加工しても残存してしまいます。

食べ物は毎日口にするのですから、人工的な加工物は体内に蓄積され、いつしか身体へ何らかの形で害が発症することも考えられます。

 

オーガニックであればその心配はいりません。

身体が弱い幼犬や老犬にも安心して与えることが出来ます。

オーガニックはアレルギーを発症しにくい

アレルギーとは、身体にとって有害なものへの過剰反応です。

有害なものとは自然ではないものであり、まさしく化学薬品や添加物です。

オーガニックドッグフードはこれらが入っていないため、アレルギーを起こしにくいと言えます。

オーガニックドッグフードの注意点

オーガニックという言葉に惑わされない

日本では、人間用の食品にはオーガニックを名乗るための規制はありますがペットフードにはありません。

むしろ海外に比べると緩いくらいです。

 

そのため、オーガニックドッグフードと販売されていても、オーガニック原材料はほんのわずかしか含まれておらず、他は粗悪な原材料で作られているドッグフードもたくさん売られています。

 

オーガニックドッグフードと書いて販売されているから安全!と決めつけるのは間違っています

 

愛犬のことを本当に考えて作られた信頼できるドッグフードメーカーを探すことから始めて下さい。

現時点では海外メーカーの方がたくさんあるようです。

コストパフォーマンス

食事は毎日のことですから続けていけるようコストパフォーマンスを考えないといけません。

オーガニックドッグフードは認定された場所で育てられた物を使用しているため、どうしても価格が高くなってしまいます。

 

継続購入割引などのサービスを上手く利用しましょう。

犬は自分の食べるものを選べません。

食の安全は飼い主である私たちに委ねられています。

正しい知識をもって選んであげて下さいね。

  選び方 

胃腸ケア対応ドッグフード|胃腸が敏感なワンちゃんのために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

私たち人間にも生まれつき胃腸が弱かったり、体調が優れず免疫力が落ちている時は身体の器官がきちんと機能しない時があります。
それは犬も同じです。

 

胃腸が敏感な犬にはどんなドッグフードを与えるべきなのでしょうか。

胃腸が弱っているサインとは?

犬は肉食

  • ドッグフードを食べても吐いてしまう
  • 胃液を吐くときがある
  • 下痢や便秘が続く
  • うんちに未消化のものが混ざる

 

この他にも、小型犬の幼犬や免疫力の落ちた老犬、妊婦犬なども当てはまります。

胃腸が弱い時に与えたい食べ物

胃腸が疲れており、正常に機能していない状態です。

「消化の良くないものは避け、胃に優しいもの」を選んであげましょう。

 

おやつはいつもより控えめにし、ご飯の時は常温の新鮮な水を用意して水分補給も忘れないようにして下さい。

胃腸ケア用のドッグフード

胃腸ケアドッグフード

乳酸菌やオリゴ糖、ハーブが配合されているものがあります。

腸内環境を整え健康な身体作りをサポートする目的で作られたドッグフードです。

 

いつもの食事のうちの一回分を置き換えたり、低カロリーのため量を少し増やしたりとドッグフードの種類によって与え方が異なるのでしっかりと確認をしてから与えましょう。

月齢別、犬種別で販売されていることが多いので、愛犬に合ったものを選んで下さい。

グレインフリードッグフード

犬の身体にとっては不要であり、消化するにも負担になる穀物類が含まれていないグレインフリードッグフードもおすすめです。

普段は元気でも、体調を崩している時にグレインフリードッグフードを与えることによって消化器官を休ませることにもなります。

ドライフードであることが多いので、幼犬や老犬の場合はお湯につけてふやかすなど食べやすく工夫をしてあげましょう。

 

無添加でおすすめのドッグフード

 

手作りのご飯

豆腐

細かくほぐした鳥ささみや豆腐、柔らかく茹でた野菜などをバランス良く合わせれば優しいご飯の出来上がりです。

 

食材にはしっかり火を通し、噛みやすく消化しやすいように切ってあげましょう。

手作りのご飯に慣れていない場合は、いつも食べているドッグフードを少しだけ混ぜてあげると食べて貰いやすくなります。

早期発見が大事!

胃腸が弱っている時は必ず何らかの変化があります。

 

愛犬の様子を毎日しっかりと見ることで早期発見につながります。

何も難しいことではありません。

何事も早めの段階でのケアが大切です。

 

大切な愛犬に苦しい思いはさせたくないですよね。

あなたの毎日のスキンシップが愛犬を守ります!

  選び方 

グレインフリーのドッグフードがおすすめなワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

ドッグフードを調べていると必ずと言っていいほど見かける言葉が「グレインフリー」です。

 

グレインフリーとは何の事なのか?

 

何故グレインフリーのドッグフードが増えてきたのか、何故おすすめなのかを細かく見ていきましょう。

グレインフリーって何?

グレインフリーグレインフリーとは、小麦やとうもろこし、米などの穀物全般を全く使っていない」ことです。

 

似た言葉にグルテンフリーがありますが「グルテンフリーとは、穀物類から作られるタンパク質を全く使っていない」ことです。
どちらも穀物類不使用という意味なので大差はありませんが、グレインフリーは穀物全般を全く使っていないので、グレインフリーの方が上位にいる感じでしょうか。

 

市販のドッグフードのほとんどは、かさ増しや価格を抑えるためにとうもろこしなどの穀物類をたくさん使っています。

それに対し、穀物類を一切使っていないドッグフードのことをグレインフリードッグフードと呼び区別しているのです。

なぜグレインフリードッグフードがいいの?

グレインフリーは犬の身体に合っている

犬は肉食系の動物です。

犬の体は肉類の消化は得意ですが、穀物類の消化は苦手です。

苦手ということは消化するのに時間がかかり余計なエネルギーも使うため、胃や腸の負担になります。

 

穀物類は栄養を採るにも効率が悪く、うんちが硬くなったり臭くなるなど、犬の身体に良いことはあまりありません。

穀物類は犬にはほとんど必要ないのです。

 

グレインフリードッグフードならば負担になる穀物類の原材料が入っていないので、胃腸の弱い仔犬や小型犬、老犬でも安心して継続的に与えることが出来ます。

グレインフリーは糖分が入っていないため太りにくい

穀物類から作られるタンパク質はグルテンと呼ばれ、体内に入り消化吸収されると最終的には砂糖と同じ糖質になります。

私たち人間が糖分を摂りすぎると肥満になりやすいのと同じように、犬も穀物を摂りすぎると肥満になりやすいのです。

 

炭水化物を抑えて太らないようにするダイエットが正に糖質制限ダイエットです。

犬も同じで、毎日穀物類がたくさん入っているドッグフードを与えていると太りやすくなるのはこういう訳なのです。

グレインフリーはアレルギーの心配が少ない

穀物アレルギーがある犬も少なくありません。

 

ドッグフードを変えてから、食べても吐く、うんちの様子がおかしい、皮膚病が良くならないなどの異常があったらドッグフードによる食べ物アレルギーの可能性があります。

 

その中でも小麦アレルギーは比較的よく見かけるアレルギーです。

グレインフリーならばアレルギーになりやすい穀物類が入っていないので、アレルギーを発症しにくいです。

グレインフリードッグフードのデメリット

グレインフリーはコストがかかる

金がかかる

かさ増しで使われる穀物が一切ないため、原材料の大半である肉が多くなる分どうしてもドッグフードの価格が上がってしまいます。

メーカーにもよりますが、定期購入やまとめ買いだと少し安くなるドッグフードもあるのでそういったサービスを上手に利用しましょう。

 

無添加グレインフリーのドッグフードのご紹介

グレインフリーは日持ちしない

穀物類は肉や野菜に比べると日持ちしやすい素材ですが、これらが全く入っていないためドッグフードの消費期限が短くなりがちです。

夏場のドッグフードの買い置きはおすすめ出来ないので、なくなる頃に自宅に届けてくれるネット注文などを利用して常に新鮮な状態で愛犬に与えられるよう準備してあげて下さいね。

愛犬の寿命に繋がる毎日の食事管理は、飼い主である私たち人間の判断一つで変わります。愛犬に合ったグレインフリードッグフードと上手に付き合って、健康的な食生活を心がけましょう!

 

無添加グレインフリーのドッグフードのご紹介

  選び方 

ドッグフードで肥満になる!?肥満解消するドッグフードの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

近年ドッグフードは進化し続けており、栄養価も高くなっています。

 

ドッグフードが原因で肥満で悩んでいる犬も増加傾向にあります。

 

肥満は他の病気をも呼び寄せる怖い症状です。

肥満は生活習慣病ですから、毎日の食事であるドッグフードが原因であることも多いのです。

肥満になる原因は?

愛犬の肥満原因

  • 欲しがるだけドッグフードやおやつを与えており食べ過ぎている
  • ドッグフードを食べないからといって、おやつをたくさんあげてしまっている
  • ドッグフードもおやつも比較的毎日あげている
  • 1日の運動量、散歩時間が少ない
  • 穀物類や炭水化物が多いドッグフードを与えている

 

食事で摂取する栄養価に対し、運動などで消費するエネルギーが少なければ、脂肪は蓄積されていきやがて肥満になります。

まずは愛犬の食生活を見直しましょう。

肥満にならないドッグフードの選び方とは?

ドッグフード選び

  • 炭水化物が少なめ
  • 穀物類が少なめ
  • 低カロリー
  • 肉が中心

 

この4点を中心にドッグフードを選びましょう。

 

炭水化物はすぐに消費しないと糖質に変わるため、犬にたくさんは必要ありません。
穀物類は人間には必要な栄養素ですが、肉食の犬にはたいして必要ない上に消化も得意ではないので不要な素材です。

 

安価なドッグフードに穀物類はかさ増しのためにたくさん入っているものが多いので注意が必要です。

ドッグフードのパッケージに書かれている原材料は使われている量が多い順に記載されています。

穀物類が一番最初に書いてあるドッグフードはおすすめ出来ません。

 

出来れば一番最初に肉(ヘルシーなラムやチキンがおすすめ)と記載されているものがおすすめです!

 

また、ダイエット用のドッグフードを与えるのも効率的でおすすめです。

最近のダイエット用ドッグフードは「体型維持型」と「肥満対策型」と大きく分けて2種類あるので、愛犬に合った方を選びましょう。

 

だいたいのダイエットフードは上記4点(炭水化物、穀物類が少なく、肉中心で低カロリー)が守られているものが多いです。

肥満にならないよう飼い主として出来ること

愛犬と散歩でダイエットいくらダイエット用のドッグフードを与えても、他の習慣が今までのままでは健康的に痩せることは難しいです。

食事量に対して、おやつは1割くらいが理想

ご褒美としてついついあげてしまいたくなりますが、大切な愛犬の健康維持のため我慢して下さいね。

散歩の時間をいつもより少し長くする

脂肪を燃焼させるには、20分以上の有酸素運動が効率的です。

いつもと違う公園に寄ったり、楽しんで散歩することが重要です。

食べ過ぎは言うまでもなく太る

犬は目の前の食べ物を全て食べ切る習性があるので、飼い主である私たちが量をコントロールすることが大切です。

一回の量を少し減らし、食事の回数を増やすなどの工夫をしてみましょう。

愛犬の肥満はドッグフードかもしれない

愛犬の肥満は毎日食べているドッグフードかもしれません。

食事を変えることで愛犬の寿命も変わります。

しっかりと勉強して愛犬に最適なドッグフードを選んであげて下さいね。

  選び方 

アレルギー持ちの愛犬でも食べられるドッグフードの基準

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

犬のアレルギー愛犬にアレルギーがあっても食べられるドッグフードの基準ってあるのでしょうか?

愛犬のアレルギーによって内容成分を検討し、アレルゲンにならないドッグフードを選んであげましょう。

 

愛犬がアレルギー体質であることが分かったら、そのアレルギーの原因となるアレルゲンを食べないように気を付けましょう。

その為にはまず愛犬にあったドッグフードに変えてあげる必要があります。

 

アレルギー体質の愛犬が安心して食べられるドッグフードの選び方についてご紹介していきます。

高タンパク・低炭水化物のドッグフードを選ぶ

穀物ワンちゃんのアレルギーでもっとも多いのが穀物アレルギーです。

犬はもともと肉食の為、植物性のタンパク質を消化する機能が弱いのです。

 

ドッグフードには、小麦・トウモロコシなど穀物が多く含まれていることがあります。

これは、比較的安価なドッグフードに多く含まれています。

穀物を多く使うことで肉の使用量を抑えてコストの削減をしているのです。

 

穀物アレルギーでなくても、ワンちゃんが消化しやすい高タンパク低炭水化物のドッグフードを選んであげましょう。

保存料・添加物を使っていないドッグフードを選ぶ

人工的な保存料・添加物による添加物アレルギーのワンちゃんも多いです。

 

添加物を使っているドッグフードは、アレルギーを持っているワンちゃんでなくても、病気の原因になりますので、保存料・添加物を使っていないドッグフードを選んであげましょう。

体に良質な脂質のドッグフードを選ぶ

犬は肉食、魚も好きワンちゃんの中には、牛肉や鶏肉、豚肉など肉類のアレルギーを持っている子もいます。

 

その場合は、肉の種類を変えてあげたり、魚を使っているドッグフードに変えてあげましょう。

 

魚の脂質は不飽和脂肪酸と呼ばれ必須脂肪酸のa-リノレン酸・EPA・DHAといった成分を含んでいて、皮膚の炎症を抑えてくれる働きがあります。
なので、お肉にアレルギーを持っているワンちゃんには、魚を使っているドッグフードもお勧めできます。

愛犬がアレルギーだった場合のドッグフードまとめ

ドッグフードはたくさん種類があって、どれも「バランスが取れます」や、「体に良い」などと表記していることが多くて、どれを選んであげたらよいのか悩んでしまいます。
愛犬を病院に連れて行ったときにアレルギーがあると知ったら、飼い主様はきっと驚きとどうしたら良いのか不安になってしまうかもしれません。

 

アレルギーの子でも安心してドッグフードを食べてもらえるように、上記3点について気をつけながらドッグフードを選んであげてください。

危険なものは入れないことが必要ですよ。

  選び方 

愛犬想いのサプリ
あいこな
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー
おすすめドッグフード
モグワン