ドッグフード 老犬 高齢

ドッグフード天国【おすすめドッグフード通販ランキング】

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード » 健康 » 老犬の食欲がない時の対処法|高齢犬も食べるおすすめドッグフード

老犬の食欲がない時の対処法|高齢犬も食べるおすすめドッグフード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

老犬犬は、一般的に7歳から老犬とされています。

 

  • 7歳を過ぎて特に病気でもないのに食欲がなさそう
  • 最近ドッグフードを食べる量が減った
  • ドッグフードを残すことが増えてきた
  • 散歩した後すぐに疲れたような素振りを見せる

 

こんな時は老化による体の内臓機能の低下が考えられます。

 

歳をとっても食事から栄養は摂らなければ生きていけません。

愛犬の食欲がない原因と対策を見てみましょう。

老犬に成犬と同じドッグフードを与えて大丈夫?

老犬には老犬用のドッグフードを与えましょう。

 

成犬と同じドッグフードをそのまま与え続けていると、摂取する栄養分に対して消費するエネルギーが成犬に比べて少ないため、肥満や糖尿病に繋がりやすくなります。

愛犬の歳を感じた時が、愛犬の食事を見直す機会なのです。

老犬は成犬と何が違う?

老犬と成犬の違い

  • 運動量が減るため太り易くなる
  • 寝ている時間が増えた
  • 歯茎が下がり、噛む力が弱くなる
  • 消化器官が弱り、消化に時間がかかる
  • 嗅覚が劣り、香りを認識しづらくなる
  • 少しの運動でも疲れてしまう
  • 毛づくろいが雑になり毛ヅヤが悪くなる

 

ヒトも犬も歳をとると身体の代謝機能が低下し、食欲がなくなる、少しの運動でも息が上がる、自分の身の回りのことが億劫になってくるなどのサインがあります。

 

犬も自分で上手く毛づくろいが出来なくなるなど、目に見える範囲で年齢を感じる部分が必ず出てきます。

日頃からよく観察していれば分かる範囲です!

老犬に適したドッグフードとは?

適したドッグフード

  • 噛みやすい小粒
  • 歯に優しい適度な硬さ
  • 少量でも栄養を摂りやすい高品質な内容
  • 消化しやすい素材
  • 低カロリー、低脂肪
  • 質の良いタンパク質

 

老犬は成犬と違って運動量が減る上にドッグフードを食べる量も減る傾向にあります。

そのため、少量のドッグフードから効率よく栄養を採れるドッグフードを選ぶ必要があります。

 

老犬に与えるドッグフードはカロリーは控えめにし、栄養過多から来る肥満などの病気を防ぎましょう。

加えて質の良いタンパク質を摂ることで、衰えやすい腰や脚の筋肉量を保てるようになります。

 

老犬は嗅覚も衰えています。

ドッグフードは少し温めることで香りがたち食欲をそそるので、与える直前に人肌程度に温めて与えるのもおすすめです。

 

噛みやすく消化しやすいよう、お湯でふやかしてあげるのもおすすめです。

水分も一緒に採れるので効率的です。

 

老犬の首に負担にならないよう、ドッグフードのお皿を少し高くしてあげるのも試してみて下さい。

愛犬の食欲がない時は、

 

  • 老犬の身体に合った内容のドッグフード
  • 食べやすくする工夫をする

 

この2つを意識して、愛犬に元気にご飯を食べて貰いましょう。

ドッグフードランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  健康 

この記事に関連する記事一覧

愛犬想いのサプリ
あいこな
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー
おすすめドッグフード
モグワン