ドッグフード 缶詰

ドッグフード天国【おすすめドッグフード通販ランキング】

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード » 選び方 » ドライタイプと缶詰タイプどちらにする?缶詰タイプのメリットデメリット

ドライタイプと缶詰タイプどちらにする?缶詰タイプのメリットデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ドッグフードは主にドライタイプとウェットタイプがあります。

 

ウェットタイプの代表的な物に缶詰めやレトルトパウチがありますが、ドライタイプとの違いや上手な使い分けを知っておけばいざという時に便利ですね。

ウェットタイプの缶詰めってどんな物?

ドッグフードの缶詰犬用に調理した食材を密封した缶容器に詰めたものが缶詰めタイプのドッグフードです。

 

ドライタイプのドッグフードと比べると水分を多く含むので食感や香りが良くドライタイプのドッグフードより食い付きが良いとされています。

商品単価が高いので、常用食というよりは嗜好食として与えることが多いようです。

 

ウェットタイプのドッグフードの与え方は、缶詰めから皿に移し普段の食べ慣れているドライタイプのドッグフードをトッピングすると見た目も安心感もプラス出来るのでおすすめです。

缶詰めタイプのメリット

缶詰タイプのドッグフード缶詰タイプのメリットは以下のようなものがあります。

 

  • 水分が多く柔らかいため消化しやすく幼犬や老犬、体調が悪い時でも食べやすい
  • 密封なので日持ちする
  • 密封なので持ち運びしやすい
  • 食材の本来の歯応えがある
  • 香りが良く食い付きが良い

 

水分が多く、普段あまり水を飲まない子やお腹を下しがちな子にも自然に水分を取らせることが出来ます。
日持ちするので愛犬の非常食として救急バッグに入れておくことが出来るので、是非入れておきましょう。

 

缶詰タイプのドッグフードは、食材の形や硬さを活かした物が多く、食材本来の味を愛犬に体験させてあげたい飼い主心を叶えてくれます。

 

ウェットタイプはドライタイプより食い付きが良い!

 

と言う飼い主が多いです。

缶詰めタイプのデメリット

缶詰ドッグフードのメリット缶詰タイプのドッグフードにはデメリットもあります。

 

  • 日持ちさせるために添加物が多く使われている物が多い
  • 脂肪分が多かったりと栄養バランスはドライタイプほどではない
  • 継続的に食べていると歯が弱くなる
  • 単価が高いためコストがかかる
  • 空き缶の処理が大変

 

缶詰めタイプの最大のデメリットが添加物の多さです。

 

密封缶とは言っても食品はどうしても劣化していきます。

それを抑えるため特に保存料が多く使われています。

添加物は犬には全く必要のないものですので少ないものを選びたいところです。

 

また、水分が多いので水に溶け出しやすいタンパク質などはドライタイプほど含まれていません。

その分、ウェットタイプのドッグフードには脂肪分が多めな物が多いです。

柔らかいので、継続的に缶詰めタイプのみ食べていると歯が鍛えられません。

これは困りますね。

 

一個一個別容器ですからドライタイプに比べると食事一回あたりのコストがどうしても高くなります。

 

そして地味に大変なのが空き缶の処理です。

夏はしっかり洗って乾かし、ゴミに出せる日まで置いておける場所が必要になります。

かしこく使い分けよう!

普段の食事はドライタイプのドッグフードを中心にし、体調が悪い時や留守番などのご褒美にはウェットタイプの缶詰めを、とシーン別に使い分ければメリハリがついて愛犬も喜びますね。

 

2種類のドッグフードをかしこく使い分けて、愛犬とのコミュニケーションに是非活かして下さいね。

ドッグフードランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  選び方 

この記事に関連する記事一覧

愛犬想いのサプリ
あいこな
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー
おすすめドッグフード
モグワン