ドッグフード タイミング

ドッグフード天国|愛犬が喜ぶオススメ通販ランキング

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード » コラム » ドッグフードを与えるタイミング|いつエサをあげれば良いの?

ドッグフードを与えるタイミング|いつエサをあげれば良いの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

家族の一員である愛犬の食事の用意は、飼い主にとってとても大切な仕事です。

犬は人間のように好きな時に好きな物を食べることが出来ないため、飼い主のドッグフードの知識が大変重要なのです。

 

元気な愛犬

ドッグフードを与える最適なタイミングとは?

犬の種類や月齢、飼い主の生活スタイルにもよりますが、基本的にはドッグフードを与える最適なタイミングは「散歩や遊びの少し後」が1番良いでしょう。

適度に体を動かし少し休んだ後の身体は、血流が良くなり消化機能も良くなるので効率よく栄養を吸収出来るからです。

 

特に散歩の後は犬も「散歩から帰ったらご飯の時間なんだ」と認識し易いため、飼い主から見てもご飯を与え易いタイミングと言えるでしょう。

 

注意すべきは、食後に激しく動くと大きくなった胃袋がねじれる『胃拡張胃捻転』という症状になることが稀にあります。

最悪の場合は死に至ることもある症状なので、食後の運動はひかえましょう。

 

食後は安静にさせる必要があるので、柔らかいベッドに誘導するなどの工夫をすると良いでしょう。

月齢別に見るドッグフードの与え方

幼犬期 主に生後2ヶ月〜

幼犬期は、まだ消化器官が発達途中なので、ドッグフードは一日に4〜5回と小分けに与えましょう。
小型犬は歯が弱いので、ドッグフードをお湯でふやかすなどして食べやすくしてあげましょう。

成犬期 1歳〜7歳くらい

成犬期は愛犬の一生で1番長い時期です。

ドッグフードは一日に2〜3回、与えるドッグフードに基づいた量より少し多めに与えてOKです。

 

身体が完成し、毎日たくさんのエネルギーを使うためたくさん欲しがる時期です。

安全で高品質なドッグフードを選んであげましょう。

高齢期 7歳〜

老化のため身体の様々な器官が老いてきています。

消化器官に負担をかけないよう消化しやすいドッグフードを選びましょう。

 

一度の量を少なめにし、ドッグフードは一日に3回以上に分けて与えます。

歯が弱っていたり、咀嚼が上手に出来ない場合は水にふやかさて食べやすくして与えるなどの工夫が必要です。

あまり運動が出来ず太りやすくもあるので、高タンパクで低炭水化物のドッグフードが最適です。

ドッグフードを与えた後のチェック!

愛犬のウンチチェック愛犬の月齢に関係なく、食事の様子や食べた後の愛犬の身体、そしてウンチをよくチェックしてあげて下さい。

 

与えて1ヶ月くらいしたら

  • 「太った、痩せた」
  • 「毛艶はどうなのか」
  • 「ウンチの状態は健康か」など、

サインはたくさん出ているはずです。

 

愛犬の身体を作るドッグフードを選ぶのは、飼い主にしか出来ないことです。

ドッグフード1つで愛犬の健康状態や寿命まで変わってきます。

 

長生きして欲しい大切な愛犬のドッグフードは慎重に選んであげましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  コラム 

この記事に関連する記事一覧

ドッグフード記事検索
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー