ドッグフードタイマー 自動給餌器

ドッグフード天国【おすすめドッグフード通販ランキング】

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード » マメ知識 » ドッグフードタイマーは必要か?自動給餌器の特徴と使用用途

ドッグフードタイマーは必要か?自動給餌器の特徴と使用用途

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 4分

ドッグフード犬を飼っている中で、仕事や旅行で数日家を空ける時にまず困るのが「愛犬のご飯」だと思います。

 

ドッグフードタイマーという便利な物があるのですが一体どんな物なのでしょうか?

ドッグフードタイマーは、「自動給餌器」と呼んだりもします。

 

自動給餌器(ドッグフードタイマー)の使い方や特徴を見ていきます。

自動給餌器って?

飼い主があらかじめ、ドッグフードを与えたい量と時間をセットしておきます。

時間になるとドッグフードが出てきて愛犬に食事を与えられる、という機械です。

 

仕事などで家に帰る時間が不規則であったり、留守にしなければいけない時に決められた時間にご飯を与えられる、などの現代的な理由により需要が増えています。

自動給餌器の使い方の注意は?

愛犬びっくり!留守の時にいきなり使うと愛犬は

 

「知らない物からドッグフードが出てきた?!」

 

と驚いて食べない可能性があります。

安全なものだと分かるまで飼い主が見守れる範囲で使って慣らす必要があります。

 

また、スープタイプや半生タイプのドライフードだと使えない自動給餌器がほとんどです。

ドライフードをあまり食べない子だと使えないことがあります。

ドライフードに慣れさせてから使いましょう。

愛犬の口に直接入る物を入れるので、使うたびにきれいに洗うなど衛生面にも気を配りましょう。

自動給餌器の種類

機能としてはタイマーの他に、飼い主の声が録音でき時間になると再生できるものや、カメラがついている物などがあります。

タイプは大きく分けて「コンセント式」と「電池式」の2種類です。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分の環境に合った方を選ぶと良いでしょう。

種類としては電池式の方が多いようです。

コンセント式自動給餌器のメリットとデメリット

◯電池の交換が不要
◯突然の電池切れによる作動しない心配がない
×停電などの緊急時には使えない
×コンセントが届く場所でしか使えない
×コードをいたずらされたりかじられたりと感電の危険が考えられる
×本体を丸洗い出来ない物が多い

 

電池式自動給餌器のメリットとデメリット

◯コードがなく無線なのでどこでも使える
◯停電時などでも使える
×電池交換の手間がある
×電池代がかかる
×突然電池切れで作動しない可能性がある

 

自動給餌器の用途とは?

犬にはドッグフードを自動給餌器があると、自分がいなくても愛犬のご飯を用意できるのでとにかく便利です。

愛犬のご飯の時間を気にせずに少し家を空けるなど、自分の用事を済ませられます。

 

また、留守時に限らず愛犬の食べ過ぎ防止として使う家庭も多いようです。

飼い主が近くにいると、ドッグフードを食べ終わっても「もっと!」とねだる子もいます。

 

自動給餌器だと決められた量以上は出てきません。

 

犬も何回か使ううちに「これで全部なんだ」と学習するので、余分に欲しがらなくなるため結果的に食べ過ぎ防止に繋がるようです。

毎日毎回全てのご飯を自動給餌器に頼らず、時には飼い主の手から直接与えられるご飯は愛犬との大切なコミュニケーションの1つです。

 

使うタイミング、電池切れや衛生面など気を使う部分はありますが、愛犬と協力して問題なく使えれば大変便利なアイテムです。

自動給餌器をバランス良く使って愛犬とのペットライフの充実させましょう!

ドッグフードランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関連する記事一覧

愛犬想いのサプリ
あいこな
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー
おすすめドッグフード
モグワン