ドッグフード グレインフリー

ドッグフード天国【おすすめドッグフード通販ランキング】

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード » 選び方 » グレインフリーのドッグフードがおすすめなワケ

グレインフリーのドッグフードがおすすめなワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 5分

ドッグフードを調べていると必ずと言っていいほど見かける言葉が「グレインフリー」です。

 

グレインフリーとは何の事なのか?

 

何故グレインフリーのドッグフードが増えてきたのか、何故おすすめなのかを細かく見ていきましょう。

グレインフリーって何?

グレインフリーグレインフリーとは、小麦やとうもろこし、米などの穀物全般を全く使っていない」ことです。

 

似た言葉にグルテンフリーがありますが「グルテンフリーとは、穀物類から作られるタンパク質を全く使っていない」ことです。
どちらも穀物類不使用という意味なので大差はありませんが、グレインフリーは穀物全般を全く使っていないので、グレインフリーの方が上位にいる感じでしょうか。

 

市販のドッグフードのほとんどは、かさ増しや価格を抑えるためにとうもろこしなどの穀物類をたくさん使っています。

それに対し、穀物類を一切使っていないドッグフードのことをグレインフリードッグフードと呼び区別しているのです。

なぜグレインフリードッグフードがいいの?

グレインフリーは犬の身体に合っている

犬は肉食系の動物です。

犬の体は肉類の消化は得意ですが、穀物類の消化は苦手です。

苦手ということは消化するのに時間がかかり余計なエネルギーも使うため、胃や腸の負担になります。

 

穀物類は栄養を採るにも効率が悪く、うんちが硬くなったり臭くなるなど、犬の身体に良いことはあまりありません。

穀物類は犬にはほとんど必要ないのです。

 

グレインフリードッグフードならば負担になる穀物類の原材料が入っていないので、胃腸の弱い仔犬や小型犬、老犬でも安心して継続的に与えることが出来ます。

グレインフリーは糖分が入っていないため太りにくい

穀物類から作られるタンパク質はグルテンと呼ばれ、体内に入り消化吸収されると最終的には砂糖と同じ糖質になります。

私たち人間が糖分を摂りすぎると肥満になりやすいのと同じように、犬も穀物を摂りすぎると肥満になりやすいのです。

 

炭水化物を抑えて太らないようにするダイエットが正に糖質制限ダイエットです。

犬も同じで、毎日穀物類がたくさん入っているドッグフードを与えていると太りやすくなるのはこういう訳なのです。

グレインフリーはアレルギーの心配が少ない

穀物アレルギーがある犬も少なくありません。

 

ドッグフードを変えてから、食べても吐く、うんちの様子がおかしい、皮膚病が良くならないなどの異常があったらドッグフードによる食べ物アレルギーの可能性があります。

 

その中でも小麦アレルギーは比較的よく見かけるアレルギーです。

グレインフリーならばアレルギーになりやすい穀物類が入っていないので、アレルギーを発症しにくいです。

グレインフリードッグフードのデメリット

グレインフリーはコストがかかる

金がかかる

かさ増しで使われる穀物が一切ないため、原材料の大半である肉が多くなる分どうしてもドッグフードの価格が上がってしまいます。

メーカーにもよりますが、定期購入やまとめ買いだと少し安くなるドッグフードもあるのでそういったサービスを上手に利用しましょう。

 

無添加グレインフリーのドッグフードのご紹介

グレインフリーは日持ちしない

穀物類は肉や野菜に比べると日持ちしやすい素材ですが、これらが全く入っていないためドッグフードの消費期限が短くなりがちです。

夏場のドッグフードの買い置きはおすすめ出来ないので、なくなる頃に自宅に届けてくれるネット注文などを利用して常に新鮮な状態で愛犬に与えられるよう準備してあげて下さいね。

愛犬の寿命に繋がる毎日の食事管理は、飼い主である私たち人間の判断一つで変わります。愛犬に合ったグレインフリードッグフードと上手に付き合って、健康的な食生活を心がけましょう!

 

無添加グレインフリーのドッグフードのご紹介

ドッグフードランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  選び方 

この記事に関連する記事一覧

愛犬想いのサプリ
あいこな
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー
おすすめドッグフード
モグワン