ドッグフード

ドッグフード天国【おすすめドッグフード通販ランキング】

あなたもワンちゃんも納得のガッツリ食べるドッグフードランキング!

ドッグフード

ドッグフードおすすめランキング!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドッグフードは愛犬の健康に直結します。

愛犬もあなたも喜ぶドッグフードを選んで頂きたい。

 

当サイトでは、人気と実力を兼ね備えた「継続して食べ続けられるドッグフード」をご紹介しています。

ドッグフード購入の参考になさってください。

 

ドッグフードの売上ランキング


モグワンドッグフード
モグワン

文句なしの食いつき!

「モグワン」に弱点はあるのか?

と思ってしまうほど、完成度の高いドッグフードが販売されました。

 

まずは、愛犬の食いつきが凄い。
試食会の結果を見ても、97.8%の愛犬が食べたという結果が出ています。

 

愛犬にとってはモグワンの匂いはたまりません。
匂いは人工的に作った香料ではありません。

モグワンの匂いは自然素材そのものの香りで人口香料は一切使用していません。

 

モグワンは美味しいだけではありません。

アレルギーにも気を使い、犬本来が望む高蛋白質を実現する為にグレインフリーです。

 

動物性たんぱく質が50%以上配合されている優れたドッグフード。

もちろん、人口添加物も不使用なので安心して与えられます。

愛犬の体想いは飼い主想いでもあるのです。

 

この凄い食いつきを体験してみて欲しいなと思います。

 

https://www.mogwandogfood.co.jp/
↑モグワン 公式サイト

価格 重量 評価
3,960円(税抜)

※お得な定期コースあり

1.8㎏ ドッグフードの評価5

今までのドッグフードとは全く違う。
獣医師も食べさせたいと答える、食いつきの良さを味わえます。

カナガンドッグフード
カナガン

食べやすい小粒タイプ

モグワンとカナガンを作ったスタッフはどちらも同じ。
モグワンを生み出す前に、先にカナガンが開発されました。
歴史は「カナガン」の方が古い。

 

犬本来が必要とする栄養素を摂り入れ、犬が食べたい素材で構成したのがカナガンです。

犬が喜ぶドッグフード作りに力を入れてくれてました。

 

原産国のイギリスでは、なんと80%以上のリピート率があります。

動物性原料も60%以上あり、人間もおいしく食べられる高品質な新鮮食材で作られています。

 

野菜やハーブも配合されていて、もちろんグレインフリーで無添加。

モグワンとカナガンと迷っちゃいそうになります。

 

https://www.canagandogfood.co.jp/
↑カナガン 公式サイト

価格 重量 評価
3,960円(税抜)

※お得な定期コースあり

2.0㎏ ドッグフードの評価5

カナガンには通常の乾燥タイプのほかに、ウェットタイプのドッグフードもあります。

両方合わせて購入すると、愛犬を飽きさせない給餌タイムになりますね。

ネルソンズ ドッグフード
ネルソンズ

皮膚のケアと関節ケア

「ネルソンズ」には、コンドロイチンやグルコサミンが配合されています。

グルコサミンって聞くとあのCMを思い出しませんか?w

 

関節ケアが出来て、皮膚の状態も良くなるドッグフードです。

 

7か月の子犬から7歳のシニア犬までドッグフードの切り替えなしにずっとネルソンズが使えるのもありがたい話です。

 

ネルソンズは、愛犬のアレルギーまで考慮したグレインフリー

もちろん人口添加物は不使用

総合栄養食として、ネルソンズ一つで良いのも嬉しいですね。

https://www.nelsonsdogfood.jp/
↑ネルソンズ 公式サイト

価格 重量 評価
3,960円(税抜)

※お得な定期コースあり

2.0㎏ ドッグフードの評価5

関節ケアを考えた成分配合は嬉しい。

コンドロイチンとグルコサミンパワーが必要ならネルソンズにお任せですね。


安心・安全なドッグフード

安全なドッグフード

ドイツではペットの公的制度が普及し、ペットの法整備も充実しており、ドッグフードの質について厳しい。

ですが、日本は海外に比べてペットのための法整備が遅れています。

 

愛犬の健康を守るため、より安全でより健康状態が維持できるドッグフードを食べさせたいですよね。

 

日本でも、ペットフード安全法が施行されたり、ペットフード公正取引協議会が頑張ってくれたりします。

ですが、愛犬の健康を守るのはあなたです。

 

ドッグフードのパッケージをよく見て、どの団体が認可しているのかをチェックして購入するようにしましょう。

ペットフード安全法とは

ペットフード安全法の正式名称は「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律

ペットフード安全法の対象になるのは犬猫のペットフードで、平成21年6月1日から施行されています。

 

ペットの健康に悪影響を及ぼすペットフードの製造や輸入、販売を禁止しています。

ペットフード安全法の概要を少しお話しします。

(詳しくは、環境省自然環境局ホームページのペットフード安全法の概要をご覧ください。)

 

  1. 国が定めた成分や製造方法に合わないドッグフードはダメ
  2. ドッグフードには「名称・原材料名・賞味期限・製造業者の名称と住所・原産国名」の表示が義務付け
  3. ドッグフードを製造・販売するには届け出が必要
  4. ドッグフードを製造・販売するには、輸入・製造・販売の記録を帳簿に付けて残す
  5. 有害な物質が混入したドッグフードを流通させてしまったら、廃棄・回収などの措置を取るように国が命令できる
  6. 問題が起きたら、国はドッグフードの製造業者に問題の報告をさせたり立入検査を行ったりできる

 

監視の目を光らせて、安全なドッグフードの流通を目指すのがこの法律の目的です。

犬は肉食、動物性栄養素のドッグフードを!

犬は肉食犬の祖先は狼ですから肉食。

現在の犬は肉以外も食べるから雑食。

 

意見はわかれるところですが、犬の内臓の作りを見ると肉食が証明できます。

例えば胃酸が人の100倍強くて骨も溶かすとか、腸が短くて狼なみだとか。

 

犬の歯は、人間の歯と異なり、穀物をすりつぶすようにできていません。

犬の歯は、肉を切り裂くためだけにあって、犬は食べ物をほとんど飲み込んでしまいます。

 

総合的に考えると、犬は肉食で肉から栄養を取っています。

ドッグフード選びにおいても、動物性の栄養素が取れるものを探しましょう。

 

自然の摂理から考えて、穀物を使用したドッグフードは避けた方が良さそうです。

総合栄養食のドッグフードを選ぶ

ドッグフードには、一般食と総合栄養食の2種類あります。

総合栄養食は、愛犬にそのドッグフードと水だけ与えれば必要な栄養素が摂取でき体調を維持できるドッグフードを指します。

 

愛犬の大きさや年齢によって適切なドッグフードが用意されています。

パッケージに「総合栄養食」と表示できるドッグフードは「ペットフード公正取引協議会」の試験にパスしたものだけ。

 

総合栄養食

 

総合栄養食のドッグフードは安全の証です。

無添加で安全性評価の高いドッグフード

添加物はない方が良いと、誰もが思っているでしょう。

満場一致で賛成ですよね。

 

人間の食事においても添加物・化学調味料が多いと気持ち悪くなる時がありますよね。

添加物は異物であるから、体が反応しているのです。

 

では、愛犬の場合はどうでしょう?

愛犬は人間の言葉で話かけてくれないのでわかりませんが、愛犬だって飼い主のあなたと同じです。

 

体に不要な添加物は入れたくありません!

 

人と犬の法律って違うから、ドッグフードの添加物の基準って結構ユルユルなんですよね。

だから、安いドッグフードは添加物が入っていないか、しっかり確認してください。

ちなみに、ここで無添加という基準を少しお話ししておきます。

 

「100%無添加とは、人口添加物・着色料・保存料・香料などが含まれていない」ドッグフードを指します。

 

愛犬に害のない天然由来の酸化防止剤やビタミン・ミネラル(保存料として使用)は含まれていても添加物にはなりません。

 

ドッグフードのより良い選び方

ドッグフードの選び方現在市販されているドッグフードの種類は数えきれません。

市販されている無数のドッグフードから何を基準に選べば良いのでしょうか?

 

ここでは、飼い主がより良いドッグフードを選ぶ基準を考えてみたいと思います。

 

犬に必要な栄養素は以下の5つです。

 

  • タンパク質
  • 脂質
  • 炭水化物
  • ビタミン
  • ミネラル

 

この5つがバランスよく配合しているドッグフードは優秀です。

犬は生肉も食べる肉食ですから、タンパク質は多めで炭水化物は少ない方が理想です。

 

犬は人の4倍のタンパク質が必要と言われていますから、高たんぱくで良いのです。

犬は肉食なだけありますね。

愛犬が喜ぶドッグフード

ドッグフードを選ぶ基準で外せないのが、愛犬の「食いつき」です。

ドッグフード購入前では確認できませんから、購入後にウォッチしていきましょう。

 

愛犬がガッツク感じでおいしそうにドッグフードを食べていればOK。

 

食後、ドッグフードを入れた皿まで愛犬が舐めていれば最高です。

「ごちそうさまでした。今日もおいしかったよ!」という愛犬から感謝のメッセージです。

無添加のドッグフード

既に説明しましたが、100%無添加のドッグフードを選びましょう。

品質を保つために添加物を仕方なく入れている場合がありますが、異物であることに違いありません。

 

天然由来成分で品質を保っているドッグフードを選びたいですね。

100%無添加を探しましょう。

新鮮な材料で作ったドッグフード

新生素材のドッグフード新鮮な素材で作られたドッグフードを選んで下さい。

 

4Dミートという言葉を聞いたことがありますか?

4Dミートとは、非常に劣悪な肉を原材料に使っている時に使う言葉です。

 

以下の頭文字を見て下さい。全て「D」から始まりますよね。

 

  • Dead(死んでいる)
  • Dying(死にかけている)
  • Deseased(病気)
  • Disabled(障害がある)

 

Dが4つあるから「4Dミート」と呼ぶんです。

 

私たち人間が肉を食べる時、4Dミートを食べますか?

食べたくないですよね。

私たちが食べたくないのに、4Dミートを愛犬に与えるなんて考えられません!

 

ですが、日本製の安いドッグフードには、4Dミートで作られたフードもあるそうです。

日本製なんだから安心でしょ?安くても大丈夫でしょ?

そう思ってしまうんですけどね。。。

 

人間の食には厳しいのに、愛犬の食については日本は遅れていると言わざるを得ません。

海外はペットに対する法整備が日本より進んでいますから、海外製のドッグフードの方が日本製より良質なものが多いのが現状です。

 

日本も、ペットフード安全法が施行されてからは良くなりつつありますが、名前も知らない格安のものには手を出さない方が賢明です。

新鮮なドッグフード選びには、原材料や製造工程にこだわりがあり、安全で新鮮さをアピールしているメーカーさんが必須ですから。

 

日本にはペットフード公正取引協議会があり、ここで認可されたペットフードであれば粗悪な原材料は使っていませんから、一つの目安になるでしょう。

グレインフリーのドッグフード

犬は肉食動物です。

犬は穀物の消化が難しい生き物です。

 

特にトウモロコシや小麦はいろいろな犬のアレルギーを引き起こす原因になる食材です。

また、穀物がメインのドッグフードは、高炭水化物・低蛋白質であり、栄養も物足りないものになってしまいます。

 

犬のアレルギーを防ぐには、穀物を一切取らないこと。

それがグレインフリーのドッグフードになります。

(グレインフリーとは、穀物を一切含まないという意味です。)

 

穀物を一切含まない肉中心のドッグフードが愛犬にとって消化もよく健康的な安心して与えられるドッグフードです。

高たんぱく低炭水化物のドッグフード

グレインフリーの項目のところでお話ししましたが、犬は肉食の動物です。

高タンパク質で低炭水化物の食事が理想的です。

 

たんぱく質も植物性タンパク質ではなく、動物性タンパク質がベスト。

ドッグフードの成分で肉・魚の比率が多いドッグフードを選びたいですね。

ただ、やみくもに高たんぱくであればOKというものではありません。

何事も適量が重要です。

 

ドッグフードはタンパク質が70%が以下までで出来るだけ肉・魚成分が多いものを選ぶと良いでしょう。

最適なドッグフードは?

モグワン
すべての基準を満たしているドッグフードの一つが「モグワン」です。

「カナガン」も満たしているのですが、「カナガン」スタッフが後から作ったのが「モグワン」なので、ここでは「モグワン」を紹介します。

 

モグワン試食会の結果、97.8%のわんちゃんがモグワンを食べて、93.3%がモグワンを継続したいと回答しました。

継続したいとわんちゃんが言ったわけではなく、継続したい意向を示したのは飼い主さんだと思いますけどねw

 

今までの歴史の中で経験を積み重ねた結果、ドッグフードの優れたところだけを集めて作られたドッグフードがモグワンなので、モグワンの弱点を見つけるのはなかなか難しい。

安いドッグフードではないので高価なところが弱点かとも思いますが、品質を考えれば逆にリーズナブルな価格設定も実は嬉しかったりします。

 

モグワンは総合栄養食ですから、モグワンと水さえあれば愛犬は健康的な生活が送れます。

総合的に考えて、モグワンを選択するのはありなのではないでしょうか。

 

まずは愛犬の食いつきを試してみましょう。

 

https://www.mogwandogfood.co.jp/
↑モグワン 公式サイト

ドッグフードの正しい与え方

ドッグフードの正しい与え方ドッグフードの正しい与え方という絶対的なものはありません。

間違った与え方を理解して、間違ったドッグフードの与え方をしない限り大丈夫でしょう。

 

ここでは、一般的に良いとされているドッグフードの与え方をご紹介します。

飼い主さんの生活スタイルもありますので、必ずしもこれが正解ではありません。

 

食は健康のバロメーターでもあります。

しっかり観察して愛犬の変化に気付いてあげて下さいね。

ドッグフードはいつあげる?

ドッグフードはいつあげる?愛犬の種類や年齢、飼い主の生活スタイルによって異なりますが、ドッグフードは散歩や遊びの少し後にあげると良いでしょう。

 

適度に体を動かして少し休んだ後の体は血流が良くなり消化機能も向上しています。

効率よく栄養を吸収できるでしょう。

 

また、散歩から帰った後のドッグフードを習慣化すれば、愛犬は「散歩から帰ったらご飯なんだ」とわかるようになります。

飼い主さんから見ても与えやすいタイミングになるでしょう。

 

詳しくは、ドッグフードを与えるタイミングをご覧ください。

 

食後30分は絶対に運動させないようにしましょう。

胃捻転・腸捻転のリスクが高まるからです。

運動させる場合は、食後2時間以上開けてからが理想です。

 

散歩につれていくなら、食事をする前が良いでしょう。

人間も食べた後すぐに動くのは良くないと言いますしね。

ドッグフードの1日の給餌量は?

ドッグフードを与える適量は、1日に体重の2.5%と言われています。

体重の40分の1です。

 

2.5%は1日の給餌量です。

1回の給餌量ではありません。

 

1日2回餌をあげる場合は、体重の1.25%を1回の給餌量にします。

詳しくは、ドッグフードの給与量をご覧ください。

 

例えば、4kgの成犬のトイプードルの場合、1日の給餌量は、

4kg x 2.5% = 100g

です。

ドッグフードは何回あげる?

愛犬の月齢によってドッグフードを与える回数は変わってきます。

幼犬期と成犬期の給餌回数を同じにしてはいけません。

 

成犬になれば朝と夜の1日2回給餌するのが一般的です。

月齢に応じたドッグフードを与える回数は、ドッグフードを与えるタイミングに載っていますので、こちらでご確認下さい。

ドッグフードの購入場所

ドッグフードはどこで買う?昨今の怒涛のペットブームでドッグフードはどこに行っても買えるようになりましたね。

近くのホームセンターでもドッグフードが大量に販売されているのを見かけます。

 

ドッグフードをどこで購入するにしても、ドッグフードの選び方で紹介したより良いドッグフードを選ぶようにしましょう。

愛犬は飼い主に言葉で語れません。

言葉で意思表示できないんです。

 

安いだけではなく、愛犬の血と肉となる高たんぱくな肉・魚メインのドッグフードにしてあげて下さいね。

ペットショップでドッグフードを購入する

ペットショップで購入するペットショップは、店員さんに相談できるのがメリットです。

何を買えば良いのだろう、うちの子(愛犬)にはどんなドッグフードが合うのだろう。

食べさせ方は?食べなかったらどうしたら良いの?

 

犬を飼い始めの頃、わからないことばかりの人はネット情報だけでは心配かも知れません。

ペットショップで、適切なカウンセリングを受けながら、愛犬との距離を縮めていくのも良いでしょう。

リアルに相談できる人がいるというのは、ペットショップの強みです。

 

ただ、ドッグフードって重いですよね。

一度に大量に購入すると持ち運びが大変です。

また、全てのドッグフードを扱っているわけではありませんし、ペットショップは値段も少々高め。

 

相談料だと思って、少々高くても辛抱しましょうw

通販でドッグフードを購入する

ペットフードを通販で購入する通販専用のドッグフードがあります。

ペットショップにも売っていないドッグフードです。

人気急上昇するドッグフードは通販サイトで購入するタイプのものが多いですね。

 

通販でドッグフードを買うと、割引価格になるのがメリットの一つ。

まとめ買いしても自宅まで運んでくれるのもメリットですね。

 

海外製の人気のドッグフードは、通販で購入するケースが今後も増えていくでしょう。

https://www.mogwandogfood.co.jp/
↑モグワン 公式サイト
動物病院でドッグフードを購入する

動物病院で購入するわんちゃんが病気になったり、予防接種で動物病院に行った時に薦められるドッグフードを試してみるの良いでしょう。

なんといっても獣医師さんは動物の体のプロフェッショナル。

犬の体を知り尽くしているわけですから、症状に応じたドッグフードを選んでくれます。

 

動物病院で進められるドッグフードは安心して購入できますが、専門的すぎて少々お高いのと、いくつもの種類があるので自分ではどれを購入して良いのかさまよってしまいます・・・(;´・ω・)

 

ちなみに、動物病院で薦められるドッグフードは特別療法食。

病気をした時や予防として食べさせますが、獣医師さんと相談しながら食べさせることになるでしょう。

 

特別療法食以外にも、その獣医さんがおすすめするドッグフードがあるかと思います。

担当する獣医師さんによって、おすすめのドッグフードは異なると思いますので、直接聞いてみて下さい。

ドッグフードの平均的な価格帯

ドッグフードの価格帯ホームセンターで大量に売っているドッグフードの価格帯は、1kg 500円から1,000円程度です。

安いから悪いとは一概に言えませんが、この価格でグレインフリーや100%無添加のドッグフードを手に入れるのは難しいでしょう。

ドッグフードの中身にこだわる飼い主さんは、この価格帯のドッグフードは購入されない方が良いでしょう。

 

次に、プレミアムドッグフード!

プレミアムなだけにドッグフードに含まれる成分はとても良いものばかり。

グルテンフリーやグレインフリーは当たり前で、高蛋白質低炭水化物の100%無添加ドッグフードがほとんどです。

 

お値段もそれなりにしますが、1kg1,000円から2,000円程度。

最近よく売れる主流のドッグフードはこのプレミアムドッグフードになってきているようです。

 

最後に、獣医さんのおすすめドッグフードのところでもお話しした、特別療法食。

これは、薬ではありませんが、処方と同じような感じで指導してもらえますから、お値段も高い。

2,000円越えのドッグフードになります。

ドッグフードランキング

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬想いのサプリ
あいこな
ドッグフードの人気記事
ドッグフードメニュー
おすすめドッグフード
モグワン